トーク・イベント「文学と反レイシズム」に参加して

12t68o.jpg


長男にせがまれて、家族で東京ドームシティのヒーローショーを観覧。前作の「ゴーバスターズ」がシリアスだっただけに、ポップでコメディな「キョウリュウジャー」は、個人的にも好きだ。いざ戦うときに、いつも恒例のサンバのダンスを踊る正義の味方も笑えるし、対する敵の間抜けぶりも実によい。あまり重い作品は、小さな子どもには良く分からないし、テンションが落ちてしまうしね。

ヒーローショーはよみうりランドなどでも観ているが、今回は「敵がキョウリュウジャーの能力をコピーして偽者を作る」と、ちょっと凝った脚本。室内だと映像が駆使できる強みがあるなあ。最後は敵が自分の能力に溺れたがゆえに、敗れてしまうというところも、示唆に富んだ内容だったと思う。

とはいえ、ヒーローショーのお約束は踏まえており、大きな展開は同じ。しかし、同じであるがゆえに、思わず涙腺が緩んでしまう。手ごわい敵の前に、劣勢になる正義の味方。そこで司会者のお姉さんが登場して「みんなの力を貸して!」と懇願。すぐさま、観客の子どもたちから上がる「がんばれー!がんばれー!」の大合唱。うちの息子も必死に声を張りあげる。「がんばれー!」。「自分の言葉が確かに相手の力になるはず」と信じて必死に叫ぶ子どもたちに、いつも、じーん、としてしまうのだ。


しかし、言葉の力で人を傷つける快感に酔いしれてしまうような現象が、今の日本では起こっている。ヒーローショーが終った後は、新宿で編集者T氏と合流して、トーク・イベント「文学と反レイシズム」に参加した。こんなかたちでのイベントの梯子をするのも、自分くらいのものであろう……。


hyoe09.jpg

実に3時間に及ぶトークイベント。発言者の面々は、左から武市一成(国際文化学拓殖大学)、桜井信栄(在日コリアン文学、南ソウル大学)、中沢けい(小説家、法政大学)、深沢潮(小説家)、高橋一清(文藝春秋元編集者)の各氏。

前半はなかなか意見がクロスせずに、混沌としていたものの、後半からは意見交換も見られてシンポジウムらしくなった。みなが言いたいことがたくさんあるだけに、司会を務めた武市氏も大変そうに見えたが(笑)、最終的にはそれぞれの立場の人の意見をよく引き出していて、有意義かつ熱量の高いイベントとなった。

激しいレイシズム(人種差別)が行われている背景に、文学の衰退があるのではないか、とした中沢けい氏。レイシストと議論することの不毛さを、中学生の息子との口論に例えたのには思わず噴出してしまった。「今展開されているヘイトスピーチはテンプレート」の指摘も、レイシストたちの底の浅ささともに、それがゆえの根深さをよく表現している。
 
高橋一清氏は「表現者は自分の存在を知らしめようとすることで、自分を知り、また相手を知る」と語ったが、そうした表現者による作品が読まれなくなったことと、多角的な者の見方が失われつつあるのかもしれない。それは、ゲストとして発言した『ネットと愛国』(講談社刊)などの著書があるジャーナリストの安田浩一氏が、レイシストの特徴として「『そこに相手がいる』という感覚の欠如」を挙げたこととも、つながるところだろう。

ゲストの有田芳生氏が、細田傳造氏の詩を紹介しながら、たった一人でも差別と戦った実例を紹介したのは、勇気付けられる思いがした。作家の深沢氏は、著作『ハンサラン 愛する人びと』について、「強く訴えたいというよりも、『こういう人もいます』『こういう気持ちもあります』という気持ちで書いた」と語ったところは、作品を読んだ人ならば誰もが感じるところだろう。自分で選択できない生まれた条件を呑み込んで、懸命に日々を生きていく人たちの姿には、弱者やマイノリティの反骨精神とはまた違う、力強さがある。こういう作品を広めることも、「個人で差別と戦う」方法の一つかもしれないなどと考えた。この作品は、声高に叫んでいないからこそ、筆者がそこに主眼を置いていないからこそ、差別を払拭する力があると思うから。


差別に対するカウンターについては、それほど語られなかったが、最後に質疑応答で話題に出た「罵倒には罵倒を」の正当性については、すんなりと首肯できない自分がいた。もちろん、現場にいる人しか分からない切迫感があるだろう。しかし、いささか悲しい考えではないか。


桜井信安氏が会の冒頭で話した言葉を反芻しながら、帰路につく。


「言葉は愛と正義を実現するために存在している」
(桜井信栄)




ハンサラン 愛する人びと






スポンサーサイト

『冷たい熱帯魚』がなんだかすごかった


冷たい熱帯魚 [DVD]

「生きるってのはな、痛いんだよ」

(社本信行/『冷たい熱帯魚』より)
------------------------------------------------------------------------------


実際にあった「埼玉愛犬家連続殺人事件」から着想した物語。観よう観ようと思いつつ、ようやく鑑賞したが、いやあ、とてつもない映画だ……。なんじゃこの展開は!の連続で、唖然としながら観てしまった。

猟奇殺人を犯しまくる、でんでんの怪演が実に良かったなあ。一番良かったのは、劇中で最初の殺人が行われるところ。いきなりのことにあせりまくる社本信行(吹越満)に、めちゃくちゃな理屈をがなりたてる、村田幸(でんでん)。最高だ、あそこ。もはやコメディです(笑)。でもそれがいいんだ。2回観てしまったなあ。

死体解剖シーンは、かなりエグいシーンけど、それよりも、普段の村田が豹変するところのほうが怖い。最後はちとだれたのではなかろうか。

R18だし、ポータブルDVDで観るものではなかったと反省。電車でほかの人の目にはいらないように、壁に這いついて観たけどもね。

っていま調べたら、「食うに困った時のために、どうやって人間を透明にするのか、俺たちのやり方を見ておけ。世の中にはこういう金の稼ぎ方もあるんだ」って、「埼玉愛犬家連続殺人事件」で実際に犯人が言った言葉なのか!うひゃあ。

日本禁煙学会がジブリ新作「風立ちぬ」に抗議

「風立ちぬ」について、このブログでも「禁煙中の人は観ないほうがよい」と書いたが、こんな抗議が実際にあるとは、いやはや。


映画「風立ちぬ」でのタバコの扱いについて(要望と見解)
http://www.nosmoke55.jp/action/1308kazetatinu.html


それに対して、愛煙家団体が異議を唱えたりと、なんとも大事になってきた。
下記のツイートを番組で使わせてほしい、とテレビ制作会社から連絡もあったりと。
しかし、よく見つけるものだ。






『風立ちぬ』は、子どもが観る映画じゃないから、一向に構わんと思うがなあ。


自由研究はまだ間に合う!『目でみることば』をパクろう

早いもので、もう盆が来ております。それはすなわち、夏休みの終わりが近づいていることを意味しており……。

良い子の諸君! 宿題のほうは順調かね?今は想像できないだろうけど、大きくなって社会に出てからも


「●●さんって夏休みの宿題とか、
 早めに済ませちゃてたタイプですか?」



って聞かれるゾ。いや、これほんと。

さて、夏休みの宿題として嫌われがちなのが、読書感想文と自由研究。読書感想文は私が高額で請け負うとしても、自由研究は各自でがんばってもらうしかない。

もう実験する時間がない?
おいおい、早く育つ植物はありませんか、って……。

何も自由研究は理科系のことをやらなくてもよいのだ!
だって、自由なんでしょ。文系の自由研究のほうが絶対に楽だ!材料もいらないし・・・。

何をすればいいんだって?この本をパクりなさい!


目でみることば
おかべ たかし (著)/山出 高士 (写真)


ほら「浮き足立つ」とか「高飛車」とか「灯台下暗し」とか「拍車を掛ける」とかいう表現があるじゃない。その由来を調べて、もとになったものを写真で紹介しているのが本書。

すごい発想だ。写真も美しい・・・。いやあ、こういうのって本来の意味も知らずに、使いまくっているものなのだなあと改めて。本書には40個収録されているけど、まだまだあると思う。

載ってないものを調べてもいいし、「ことわざ」にまつわる遊びはいろいろできそう。「犬も歩けば棒に当たる」を飼っている犬で再現して写真に撮ってみたりして、ことわざを再現するのもいいし、「二度あることは三度ある」と「三度目の正直」はどっちが本当か、統計をとってみても面白いと思う。どうやって「研究」に落とし込むかは、やっているうちに見えてくるはず(たぶん……)

え、意外と面倒そうじゃないかって? 楽しむことが出来そうな題材が見つかったら、寸暇を惜しんで、打ち込むもんだって。


自由研究で苦しんでいる人がいたら、「理科系」にこだわらず、「文科系」の線も考えてみてね、というお話でした。






二世縛りはちときつい


穂のか降板舞台“代役”見つからず 美勇士ら中止に危機感
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130201-00000317-oric-ent



「二世縛り」だと、ただでさえ
大変な代役探しも難航しそう。

偉人の二世についての
本を思い出してしまった。


教科書に載せたい偉人の息子



偉人の残念な息子たち (朝日文庫)

著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR