スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブリ新作「風立ちぬ」を観ないほうがいい人

135696694175413131695.jpg

バルト9で「風立ちぬ」を観てきた。
主人公は、零戦を完成させた飛行機設計技師、堀越二郎。
劇場にいながら、風を感じることができた。

主人公・二郎の声高ではないが、静かに熱い。
その飛行機へのひたむきな情熱を観て、
自分も、もっと今の仕事に全体重をかけなければと刺激をもらった。
後半は恋愛要素が強くなるが、二郎の人間臭いところが出てきてよかったと思う。


しかし、淡々としたストーリーでメリハリにかけるので、
ドキドキわくわくしたい人は期待はずれかもしれない。
専門的な話も多いので、ちょっと監督の思いが、先行してしまっているような気がする。
少なくとも親切な映画ではない。

ある程度、堀越二郎氏のことを
知っておいがほうが楽しめそうだ。

宮崎駿監督作品「風立ちぬ」主人公のモデル堀越二郎とは【戦闘機 ゼロ戦 雷電 烈風など設計】
http://matome.naver.jp/odai/2136386056602765601

そして、やたらとタバコが出てくる。
しかも、またうまそうに吸うんだ、これが。
肝心なシーンには必ず出てくるといっていい。
これは禁煙中にはつらい!
僕はもう6年くらい吸っていないが、
めちゃくちゃ吸いたくなってしまった。
禁煙歴が浅い人は近づいてはいけない映画だ。

あと、小さな子どもも退屈するだろう。
静かなストーリーで専門的な話も多く、
可愛いキャラクターも出てこない。
間違いなく寝ると思う。

後半はキスシーンも多いし、
タバコのシーンがバンバン出てくることも考えると、
子ども向きではないかなと。

ストーリー的にそれを期待する人も少ないのだろう、
劇場に小さな子どもの姿はなかった。


「夏真っ盛り!いえーい!」みたいなものではなく、
じんわりと心にしみる物語を心が欲しているならば、
この夏、観て損はないだろう。

自分とは全然タイプが違うけど、
二郎みたいな職人への憧れはやっぱりあるよなあ。



風立ちぬ スタジオジブリ絵コンテ全集19



風立ちぬ サウンドトラック[共通特典CD付き]


スポンサーサイト

中高生のときに読んでおきたい「面白くて眠れなくなるシリーズ」

もっと早くこの本に出会っていればなあ、
ということが大人になってからしばしばある。

特に学生時代には、たくさんの本を通じて、
自分のいろいろな関心の幅を広めておくと、
将来の進路の選択肢も増える。

PHP出版の「面白くて眠れなくなるシリーズ」は
身近な疑問から、学ぶことの面白さを教えてくれる良シリーズだ。
以下のようなラインナップが出ている。


面白くて眠れなくなる数学


・おならの匂いは半分でもやっぱり臭い?
・クレジットカードの会員番号の秘密
・マンホールはなぜ丸い?
・iPodは数学が奏でる
・おつりを簡単に計算するテクニック





面白くて眠れなくなる物理

・熱と温度はどう違う?
・1キロ食べると体重はどうなる?
・象よりもハイヒールに踏まれるほうが痛い?
・てこで地球を持ち上げるには何年かかる?
・私たちは「空気の着物」を着ている





怖くて眠れなくなる科学

・記憶はウソをつく
・普段着で宇宙空間に飛び出したらどうなる?
・もし異性人が本当にいたら
・怖い科学者の系譜
・血液型性格判断のウソ



ちょっとしたきっかけで、
苦手だった学問に目覚めたりすることもある。
夏休みは、そうした本に触れる絶好の機会かもしれない。

ほかにも以下のシリーズが刊行されております。
これからも増えるのかなあ。
古典・漢文とかどうだろう?



面白くて眠れなくなる人体


面白くて眠れなくなる地学 (「面白くて眠れなくなる」シリーズ)


超 面白くて眠れなくなる数学





西村賢太の描く小説があまりに酷い


小銭をかぞえる (文春文庫)


酷い。あまりに酷い。
なんなんだ、この主人公は一体・・・。

金にはだらしない、空気が読めずに口が悪い、
女性の扱いもめちゃくちゃ、友人と呼べるような人もいない、
立場が弱いときはこびへつらい、その必要がなくなると、
逆ギレして、罵詈雑言を浴びせる・・・。

絶対にかかわりたくない人種。
「困った人を助けなさい」、そんな教えを果たして、
子どもにしていいのか迷うレベルである。
こいつは助けたら最後で、ますます図に乗り、
要求が増えるからだ。
懲りるということも、全くない。
学習能力ゼロである。


だが、これが、どうしようもなく
面白いんだよなあ。

前に紹介した『二度はゆけぬ町の地図』も
気づけば何度も読み返している。
本作もおそらくそうなるのだろう。

この人間として最低なこの男の物語を
もっと読みたいと思うのはなぜだろう。

それはおそらく、自分の中に
小さな西村賢太がいるからだ。

ミスを取り繕ったとき、
セコいことをこっそりやったとき、
自分の都合を優先させたとき、
おそらく自分はこの主人公に
似たところがあったのではないか?
そう思うからだろう。

魅力的な主人公に決め台詞があるように、
この最低最悪の主人公には
罵詈雑言の捨て台詞がある。

それが、また凄いんだ。
引用はとてもできないが、
「終わってんなー、コイツ!」と思わず笑ってしまう、
あの感覚はなかなか他の小説では
味わえないかもしれない。

『この世の全部を敵に回して 』(白石 一文)


この世の全部を敵に回して (小学館文庫)


語り手の友人であるK***氏の手記がひたすら続く本作。
ストーリーは進まず、K***氏の人生観がつまびらかになっていく。
哲学書のようで、小説の自由さを改めて思い知った。

私は子供たちのことも妻のことも愛してはいない――。
世界を突き放しす氏の人間への冷淡な考えには、拒否反応を覚えざるを得ない。
それでも妙な説得力を持っており、最後まで読み進めてしまった。

そして、最後まで読んでよかった、と
思わせてくれる作品でもある。

畳み掛けるラストが読み応えあり。



立川志ら乃の自伝本『うじうじ』が発売!


うじうじ



イジめられていた小学時代から、お笑いに目覚めた中高校時代……。
落語をバカにしていたときもあったという立川志ら乃が、
いかに立川志らくの弟子になり、落語道をひた走ることになったのか。
本書では、立川流の真打ちになるまでの道のりが書かれている。

自分もかかわった本なのでちょっと書きにくいのだが、
一読者としてフラットに読んでも、元気をもらえるよい本だと思う。
2週間前くらいだろうか、書店にも並び始めた。


2013-06-20 20
「俺はこういう人間だ!」と叫ぶ『ビックダディ』の横で『うじうじ』している志ら乃さん



壁にぶつかっては対策を練って、
それがまた見事に空回して、最悪の結果を呼ぶ……。
そういう展開は人生でよくあることだが、
自伝の類では、そのあたりの紆余曲折が
ばっさりと削られてしまっていることが少なくない。
それは本人が隠したい、というよりも、
『うじうじ』している過程を描いているとキリがないし、
矛盾が出てきたりして、1冊の本としてまとまりがなくなるからだろう。

でも人が行動して何かを実現していく経過では
どうしても矛盾や回り道が含まれてくるものだ。
志ら乃さんはそこをあえて描ききった。
それもまた、本書で言及されている、
変にきっちりとしてしまう性分の一つなのだろう。

志ら乃さんの「うじうじ」がとてもリアリティがあって、
思わず応援したくなってしまう。

師匠に認めてもらうための「真打ち昇進トライアル」は、
私も実際に観ていたが、
今回、本人の心境とともに書かれたものを読んで、
想像を絶するプレッシャーと葛藤があったことを知った。
とはいえ、それがまた裏目に出てしまうのだが・・・・。

立ちはだかる、師匠・立川志らくのダメ出し。
またその解釈を巡って、頭を悩ませる立川志ら乃。
この2人の関係がとてもうらやましくて、
読み終わると「師匠のある人生」に憧れることだろう。

本書の制作中に、真打ち披露会に行ったことはこのブログでも書いた。
そのときの舞台裏についても、この本では触れられている。

立川志ら乃さん、立川こしらさんの真打ち披露会へ
http://mayamatomoyuki.blog84.fc2.com/blog-entry-173.html



うじうじ悩みながらも、古典落語の道をひた走る志ら乃さん。
立川談志の孫弟子としては、最初で最後の真打ちとなったが、
これからの活躍にますます期待したい。

高座に興味のある人はぜひ一緒に独演会へ行きましょー!
実際、何人か友達連れて行ったなあ。
なかには落語が初めて人もいたが、めっちゃウケておった。

日程は、本人のブログでチェックしてみてください~。

立川志ら乃のブログ
http://ameblo.jp/st-blog/



著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。