鴎外が受けた天才教育と母・峰子

いろいろと腰を据えて調べたいことがあるのだけど、
偉人たちがどういう環境で教育を受けて、
才能を伸ばしたのか、ということもその一つ。
  
前回は森鴎外を育てた強烈マザー峰子について
ちょっと書いたけれども、鴎外の受けた教育は
まさに天才教育だったと言ってよい。
 
6歳のときに、儒者の村田久兵衛から
漢籍の手ほどきを受けながら「論語」を学び、
7歳のときには、米原綱善から「孟子」を学んでいる。
8歳で津和野の藩校に入ってからは10歳までに
『四書』『五経』『左伝』『国語』『史記』『漢書』を読んだが、
他の生徒が反復して懸命に覚えるなか、
鴎外は一度読めば覚えてしまうほどの記憶力を誇ったという。
 
さらに、9歳からは父からオランダ語を教えてもらって、
医学の道に備えていた。
そらまあエリートになりますわな。
しかも鴎外は、勉強以外でも読書ばかりしていたのだ。
同世代とは差がつくばかりだったのもさもありなん。
 
この鴎外の幼少からの教育において、
母・峰子も大いに奮闘している。
息子の勉強を監督するため、自分の母から
漢文を習い、仮名付きの『四書』を何度も熟読。
鴎外を寝かしてからも、夜遅くまで
勉強していたと言うから、大したものである。

自分がそこまでやれば
子どもに「勉強しなさい」とも言えるだろう。
また鴎外もそれに十分すぎるほど応えて成長したことを思えば、
この母なくして、文豪・鴎外は生まれなかったかもしれない。

というような背景をいつか体系的に
まとめていきたいと思っておるのです。
いつになることやら。




スポンサーサイト

森鴎外の妻への新文書

ちょっと前のニュースですが。

文書新発見、森鴎外が最初の妻と別れた理由
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20120913-OYT1T00507.htm


プライベートな手紙も広められて、文豪は大変だ。
(↑お前が言うな、と)

鴎外が独身時代のドイツ留学中に出会った
エリーゼとの恋愛劇については、『恋する文豪』にて。
有名な話ですが、改めて漫画で読むと新鮮だったりする。
鴎外が美男子に描かれており・・・。


恋する文豪: 日本文学編 (きゅんきゅんくる!教養)恋する文豪: 日本文学編 (きゅんきゅんくる!教養)
(2012/02/16)
真山 知幸、 他

商品詳細を見る



漫画でも、鴎外の優柔不断ぷりっと同時に、
鴎外の母・峰子の豪腕ぶりがちらりと描かれている。
  
「きゅんきゅんくる教養」というテーマから外れるので
解説でも特別触れなかったが、
森峰子はかなり強烈な女性である。
息子の出世のためならば、
どんな裏工作もいとわないという恐るべき母。
 
ちなみに登志子と離婚した後には、
長く独身でいた鴎外のために、
峰子は妾を探してきて、息子にあてがっているのだ。
彼女にはそういう手ごまがあったんですな。

登志子との離婚については、
並々ならぬ嫉妬深さがあったと言うのが定説だけど、
そんな母がいれば、うまくいくはずもなかろう。


「小生が若しきげんを取り候はゞあるまじけれ」
(私がもし登志子の機嫌を取っていれば、別居はなかっただろう)
という言葉にも、鴎外の苦労がうかがえる。
母のことがまるで関係ないわけがない。
当然、再婚した志げとも、対立している。


ちなみに、森峰子については、群さんの本が面白い。
オムニバスだし、気軽に読める。

関わると大変そうなので、
本で読むくらいがちょうどよい(笑)

あなたみたいな明治の女(ひと) (朝日文庫)あなたみたいな明治の女(ひと) (朝日文庫)
(2002/04)
群 ようこ

商品詳細を見る


就活生におススメの小説

フリーター、家を買う。 (幻冬舎文庫)フリーター、家を買う。 (幻冬舎文庫)
(2012/08/02)
有川 浩

商品詳細を見る




今は中小企業に目を向ける学生も増えてきたと聞く。
大変な時代だけど、それ事態はとてもいいことだと思う。
そんな時代にもマッチした小説。
タイトルからは手が届きにくいかもしれないけど、
内容的には、就活生こそ読んでほしい。

母の病をきっかけに、自堕落な生活に終止符を打ち、
労働を通じて成長してく主人公・誠治の奮闘ぶりに
思わず応援してしまう。

何が天職か、なんてわからんよね。
片っ端からだとかえって効率が悪いかもしれないけど、
少しでも興味が持てそうならば、
できるだけいろんな業界の
いろんな規模の会社を受けてみるとよいと思う。

そしてまた
家族のストーリーがよくできとるんだな、これ。

姉にとっての母、母にとっての父、
姉にとっての父、母にとっての息子・・・、

みんなそれぞれ距離感が違って、
共感する部分も対立する部分も違う。

みんな家族と幸せになりたいと思っているのに、
立場の違いゆえに、お互いを傷つけてしまう。
少しの歩み寄りが、大きな解決につながったり、
また逆に、裏切られることになったり・・・。

ばばばっと読んでしまいました。
面白かったなあ。

村上春樹みたいに走りながら考えたいんだけど

ほっとくと全く運動しないので、
最近、ジョギングを始めた。
いつまで続くかわからんけども、
今のところは、いい感じである。
 
村上春樹がエッセイでこんなことを書いていた。

「僕は走りながら考えて、歩きながら話す。
だから僕のパートナーは足腰が強くなる」

正確な引用ではないんだけどね。
これを読んだとき、あ、俺も
歩きながら人と話すの好きだな、と。
あまり目的地はどうでもよく、
てくてく歩きながら話すことが多い。

うん、同じだ。
春樹、俺と同じやないかと。
そう思ったわけです。

だから、ジョギングを始めた今。
今後は春樹のように、走りながら考えよう、と。
本の企画とか、項目出しとか執筆にまつわることでもいいし、
人生の意義を改めて考えるのもいいだろう。
外の風景を楽しみながら、
思考をめぐらせようじゃないかと。
そう思ったのです。


だが、いざは走ると・・・。



・・・ぜんぜん、考え事できねえ。

呼吸の音がうるさいし、なんかもう走るので精一杯。
「あ、横っ腹がちょっと痛くなってきてやだな」とか
「もうこのへんで歩こうかしら」とか、
走っている自分にまつわる思考ばかり。
なんだこりゃ。

うーむ、
こんなはずではないんだけど。


「この企画は、走っているときに
ふと閃いたんですよね」


そんなことをいえる日がきますように・・・。


走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)
(2010/06/10)
村上 春樹

商品詳細を見る





著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR