取材モノで新境地を

今、面白い仕事をしている。
一人の人物に、数回、取材して1冊にまとめあげる。
新しい道が拓けるような予感がして、
かなりのめりこんでいる。

 
黒子の仕事なので、おおっぴらにはできないんだけど、
自分の幅が広がるならば、自己顕示欲など、
意外とどうでもよくなるものだなあ。

そんな新しい自分の発見もまた面白い。
やはり新しいことを始めないといかんね。

スポンサーサイト

有名人らしくない勝間和代を見た日

「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)
(2012/04/28)
勝間 和代

商品詳細を見る


 
その人でしか書けない本というものがある。
その著者ならではの、本。
 
そういった本は、どういった類なものであれ、
好意的に受け止めている。
体験した人でしか書けないことがあるならば、
それを形に残すのはある種の「責任」とも言えるだろう。
そして、それは決して楽な仕事ではないからだ。
 
この本は、まさに勝間氏でないと書けない本だろう。
「有名人になる」ことのメリット、デメリットが赤裸々に書かれている。
有名人はプライバシーがないよね、ってなことは予想しやすいが、
意外に儲からないし、必ずしも宣伝効果があるわけでもない、
というところは、意外に思う人も多いのではないだろうか。
今日び、本を売るというのは、非常に難しいことなんだなあ・・・。

せっかくなので、この本に敬意を表して、
おそらく僕にしか書けない、勝間エピソードを紹介しよう。
 
2、3年前の話。
某出版社のパーティで、壇上に著者たちが上がった。
その数は20人あまり。そのなかに、勝間氏がいた。
大半はビジネス界では有名かもしれないが、
書き手としては、それほど知名度のない人たち。
1冊だけしか出版していない、デビューしたての
書き手も結構いたような気がする。

その著者たちが一言ずつ、
集まった参加者たちに挨拶をしていく。
みな、自分の番のときに何を言おうかと、
頭がいっぱいだっただろう。
そして終わればほっとして会場を見渡すといった様子だった。

そのなかで、書き手が挨拶するたびに、
話している人の顔をしっかりと見ている著者がいた。
それが勝間氏だった。
 
壇上で、間違いなく、もっとも知名度がある人が、
「どんな人だろう?」というように、他の著者の顔を
身を横によじってまで、見ているのが非常に印象的だった。
 
単に余裕があったからと言えば、それまでだが、
おおよそ有名人らしくない振る舞いに、
ヒットメーカーの凄みを感じた次第である。


と、まあこんなふうに、
一挙一頭足に注目され
好き勝手な解釈をされるのが
有名人の大変なところなのだ(笑)
本書を読んで、そのことがよく分かった。
 
マスメディアまでいかなくても、
会社や学校、地域レベルでの有名人もいる。
その場合も、共通して当てはまることが多い。
案外に身近なテーマなのかもしれない。



流水さんの「コズミック・ゼロ」が文庫に!

9784167801823.jpg

新刊で読んだのは、2009年5月。
スケールの大きさにちびりそうになった。
冒頭から最後まで気が抜けん。

そして今、読んだならば、
また違った読み方になるだろう。
そう、3.11を経験した今なら。

文庫は解説があるのが楽しい。
書いているのは、森博嗣。


さて、あなたは生き残れるか?


『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』(木暮太一・星海社新書)

立て続けのレビューだけど
(しかもまたもや星海社新書)、
旅行に出てしまう前に書いてしまおっと。

あの、酒飲んだときに、
どんな話するのか、ってのは
その人のパーソナリティと、
お互いの関係性だったりが出るところなんだけど、
なんだか今の不満ばっかり言われると、
聞いているだけで疲れたりもしがち。

でも、鉄鋼王カーネギーも
「現状に不満を持つのはいいことだ」と言っているように、
現状を打破したいという気持ち自体は、むしろ良いこと。
問題は、その不満を突き詰めて考える気がないから、
結局、「まあ、そのうち時間や他の誰かが
何とかしてくれるかもしれない」というような
いつも変わらない、結論にたどり着いてしまうこと。

やっぱり、それじゃあつまらない。
不満はちゃんと突き詰めて考えて、
有効な対策を講じていきましょうや。
ということで、この新書は非常に面白かった。


僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)
(2012/04/26)
木暮 太一

商品詳細を見る



自営でやっている人に比べて、
サラリーマンは驚くほどに自分の給与に無頓着だと
前から思っていた。

無頓着というのは、無関心ではない。
もっとほしい、これでは足りない、という思いは
よくあるだろう。
でも一方で、引かれている社会保険のことなども
よく知らなかったりする。新人じゃなくても。

それはさすがにわかっとりますわい、という人でも
自分の給料が、どういう会社の仕組みから出ているのか、
真剣に考える人はどれくらいいるだろう。

おそらくほとんどいないからこそ、
こんな不満が出てくるだろう。

「あいつは自分より、働きがよくないのに
給与が高いのは不公平だ」


「大手のあいつなんて、俺と同じような仕事なのに
年収が1000万もある。金あまりまくりだろ」



本書を読んでこれらの不満は、
「私は会社から給与が出る仕組みを理解していません」と
宣伝して歩くようなものだったんだなあ、と改めて。

給料はその人の働きに応じて支払われるわけではなく、
「必要経費分」が支払われるもの。
本書の序盤では、まずそのことが繰り返し書かれていて、
マルクスの『資本論』の視点から、企業の利益が
どこから生れるのか、わかりやすく説明してくれている。

そしてたとえ年収が1000万だろうが、
生活に余裕が生れるわけではない、としたうえで、
じゃあ、どうすればいいのだろう、という提言まである。
ちゃんと、具体的な解決のヒントが示されているのがいいね。
「こんな働き方はおかしい!」と言うだけでは、
「そら、そうやわな」としか言いようがないしね。

働き方の本はいろいろ出ているけど、
労働そのものへの根本的な問いに挑み
かつわかりやすい、というところが
本書の特徴だと思う。

ちなみに、マルクスの『資本論』については、
小難しい内容だと敬遠されがちだけど、
労働者は誰しもが知っておかなければならないこと。
その、とっかかりとしても、
この新書はよいんじゃないかなあ。
 






『独裁者の最強のスピーチ術』の実用性がスゴイ

独裁者の最強スピーチ術 (星海社新書)独裁者の最強スピーチ術 (星海社新書)
(2012/04/26)
川上 徹也

商品詳細を見る


タイトルに「最強」とあるが、
ストーリープランナーの川上さんと
竹村さんという編集者の
組み合わせこそが最強かもしれない。
 
「いかにメッセージを読者に届かせるか」
 
ということに最重点を置き、
現実生活への実用性・わかりやすさ・訴求力を
徹底的に磨き上げた。
この本はそんな1冊だ。

ヒトラーの演説本はたくさんあるし、
橋下徹についての本は
これからもたくさん出るだろう。
だが、2人の政治スタイルをここまで、
読者が役に立つかたちで提示できる本は、
今後でてこないかもしれない。


思えば、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』でもそうだった。

昨年末には、すでに原稿はできあがっており、
初校を待つのみの状態だったが、
一つの不安が拭いきれなかった。


「偉人の名言を年齢別にした本はこれまでなかった。
もともと関心のある人には楽しんでもらえるだろう。
だが、歴史や偉人に興味のある人ばかりではない。
そうではない人にも、届くだろうか?」

 
そこで、刊行から1ヶ月前から、
竹村さんと改めてミーティングを開始して、
すべて書き直すことになった。

どういうリライトをしたのかは、
長くなるので書かないが、
やはり、現実生活への実用性を高めるように、
そして読者により訴求力をもった内容になるように、
全面的に改訂した。

正直、かなりタイトな仕事だった。
それは編集者にとってもそうだろう。
このまま出版しても、問題のないレベルだ。
だけど、やれることはやっておきたい――。
 
2月の竹村さんとのメールやりとりを読み返しても、
まさに「死闘」だったと言っても大げさではない。

それだけ踏ん張れたのは、実は経緯があった。

竹村さんとは、今の出版社に移る前にも、
何度か仕事をしようとして、叶わなかった。

そのなかでも、渾身の企画が「偉人モノ」だ。
挫折の多い偉人たちの人生から、何か勇気付けられる
メッセージを届けられないか、と考え抜いた企画があったが、
編集会議で却下された。

いろいろと事情があったのだろうが、
「企画、ダメでした」と電話口で語る竹村さんの声は
いつになく、悔しさをはらんでいた。

そんな経緯があったからこそ、
この本は必ず成功させたい。
洪水のように新刊が出るなか、簡単なことではないが、
できるだけ、多くの読者にメッセージを届けたい、
そういう強い思いで完成させることができた。

君の歳にあの偉人は何を語ったか (星海社新書)君の歳にあの偉人は何を語ったか (星海社新書)
(2012/03/23)
真山 知幸

商品詳細を見る




「もう、今の人生で十分満足してるよ」

そういう人には、この本は不用だろう。
さっさと本棚に戻して日常に戻ってもらいたい。
だけど、もし少しでも人生を変えたいのならば、
ぱらぱらとでもいい、ページをめくってもらいたい。
あなたの明日を変える視点を
必ずもたらしてくれるはずだから・・・。



・・・と、何を自著の宣伝をしておるんだ、と
思われるかもしれないが、
『独裁者の最強スピーチ術』で書かれている
「ストーリーの黄金律」を早速、実践してみた。




1)何かが欠落した、もしくは欠落させられた主人公が、
(例:過去に偉人の企画をやりたいと思ったが、叶わなかった)

2)なんとしてもやりとげようとする遠く険しい目標・ゴールをめざして
(例:必ず読者の人生を奮い立たせるはず、なんとか届けたい)

3)数多くの障害・葛藤・敵対するものに立ち向かっていく。
(例:このままでは興味を持ってもらえないかもという不安、
人生を諦めた人たちや「偉人は成功したから言えるんでしょ」という人たち)






即興なので、お粗末で失礼。
もっと読み込まねばなりませんな。

本書では、黄金律を始めに、実際のスピーチに
役立つ具体的なノウハウがぎっしりつめられている。
書き手としても、学びが多かった、うん。


著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR