スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

140字BOOKレビュー【5】『悪夢のエレベーター』『床下仙人』

悪夢のエレベーター (幻冬舎文庫)悪夢のエレベーター (幻冬舎文庫)
(2007/10)
木下 半太

商品詳細を見る


どれくらい倒れていたのだろう?

正気に戻った主人公がいたのは、
緊急停止したエレベータ。
同じく閉じ込められたのが
関西弁男、緑ジャージ男、メンヘル女。
徐々に明らかになる3人の素性に目が離せなくなる。

木下半太が書く急転直下型ミステリー
『悪夢のエレベーター』 (幻冬舎文庫)に頭クラクラ。
 
 
床下仙人 (祥伝社文庫)床下仙人 (祥伝社文庫)
(2001/01)
原 宏一

商品詳細を見る


「いっしょにいたいから家族になったのに、
その家族を維持するためにいっしょにいられない。
そんなのって、どこかおかしいと思わない?」

妻の問いが心に響く『床下仙人』(原弘一)。
仕事に忙殺される「おれ」の家庭に、仙人が現れるようになり…。

働く意義を考えさせられる、ちょっと奇妙な短編集。

----------------------------------
さくっと読めて楽しい小説が読みたい。
そんなときに、この2冊はおすすめ。

木下半太氏は会話を書くのがべらぼうに上手い。
じゃないとこんな密室物語を書けるわけもないんだけど。
『床下仙人』は表題作以外も面白いよ。

今日は、ニール・アームストロングについて原稿執筆。
そろそろ寝る準備をば。



スポンサーサイト

可愛すぎる「本のしおり」が京都に上陸!

f0134538_232069.jpg

イラストレーターのオオスキトモコさんが
今日から始まる京都のイベント、
「三条富小路書店」に参加してるそうな。
しかし、このしおり、可愛すぎるぜ・・・。

しおりなのに、ちゃんとキャラ立ちしていて、
ジャンルにあわせて選べるのが新しい。
それぞれキャラに合った名言までついているのだ。

f0134538_224777.jpg

週刊誌野郎!(笑)
飲みに行くなら誰だろうか?
いっそ全員・・・いや、収拾がつかなそうだ・・・。

ほかにも、いろいろなアーティストの
様々な本が集まるそうですよん。
関西にいる方は足を運んでみてはいかが~。

--------------------------------------
『三条富小路書店2』
京都・ギャラリーH2o(富小路三条上ル)
1 2 / 6(火)~ 1 2 / 1 8(日)*12日(月)は休店。
営業時間 12:00 ~ 19:00 。
会期中の土日はイベントあり。
http://bookyoto.web.fc2.com/index.html
--------------------------------------



140字BOOKレビュー【4】『グレート・スモーカー』

グレート・スモーカー―歴史を変えた愛煙家たち (祥伝社新書 (051))グレート・スモーカー―歴史を変えた愛煙家たち (祥伝社新書 (051))
(2006/08)
祥伝社新書編集部

商品詳細を見る


吸える場所は減り続け、どんどん肩身が狭くなっていく喫煙者。
しかし歴史を変えた人物はみな愛煙家だった!?

『グレート・スモーカー』(祥伝社新書)では、
タバコを愛した偉人たちを銘柄とともに紹介。

小津はピース、漱石は朝日、芥川はゴールデンバット・・・
紙巻だけでなく葉巻派やキセル派も網羅。

-------------------------------------
こういう世の流れと逆をいく本はなんだか楽しげ。
ちなみに禁煙してもう5年以上経つけど、
未だに吸いたくなるときがあるなあ。

タバコをやめてお菓子が増えた。
禁煙とダイエットを両方するからみんな失敗する、
と書いていたのは、あの村上春樹である。
なので、お菓子は諦めている。







140字BOOKレビュー【3】『カネが邪魔でしょうがない』

カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝 (新潮選書)カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝 (新潮選書)
(2005/07/14)
紀田 順一郎

商品詳細を見る



「どうだ明るくなったろう?」

暗い玄関で靴を探す料亭の女中に、成金がお札を燃やすという風刺画は、
日本史の教科書で異彩を放っていた。
 
『カネが邪魔でしょうがない』(紀田順一郎、新潮選書)は
明治・大正の成金たちの波乱万丈の人生を描く評伝。

凄いタイトルだが、その生き様も破天荒すぎて唖然。

-----------------------------------
今日は1冊。
お金ってあるところにはあるんだなあ、
と街を散歩していて、邸宅なんか見ていると思うんだけど、
ありすぎるのも結構大変なようで・・・という本。
「有名人の子供はつらい」の本と同様に、
なかなか人生は一筋縄でいかんのう、

今日は映画を観に、練馬駅まで行ったのだが、
「ワーナー・マイカル・シネマズ板橋」があるのは東武練馬駅!
まあどっちも練馬駅だから近いだろうと思ったら遠い!
タクシー飛ばしてなんとか上映時間に間に合った。




140字BOOKレビュー【2】『気持ちが楽になるスヌーピー』『現実入門』

気持ちが楽になるスヌーピー(祥伝社新書236)気持ちが楽になるスヌーピー(祥伝社新書236)
(2011/04/02)
チャールズ M. シュルツ

商品詳細を見る

実家にたくさんあったスヌーピーの原作。
憂鬱なチャーリー・ブラウン、勝気なルーシー、
毛布を抱く哲学者ライナス・・・・・。
改めて読むと大人こそ読むべき作品だと気づく。

癒される作品を選出したのが
『気持ちが楽になるスヌーピー』(祥伝社)。
日本語訳は谷川俊太郎。

ちょっと疲れたときの清涼剤に。



現実入門―ほんとにみんなこんなことを? (光文社文庫)現実入門―ほんとにみんなこんなことを? (光文社文庫)
(2009/02)
穂村 弘

商品詳細を見る

結婚はおろか独り暮らしや海外旅行もしたことがない歌人の穂村弘。
 
「ほんとにみんなこんなことを?」
 
という未体験項目を女性編集者とつぶしていく
エッセイ『現実入門』(光文社文庫)。

献血・モデルルーム見学・占い・合コン・・・・
奮闘しながら人生の経験値を上げていく。
「普通の人生」の難しさよ!


-----------------------------------------
今日は癒し系の2冊を。

穂村さんには日経新聞で、短歌を採用してもらったこともある。
一時期はまっていたけど、最近、作ってないなあ。
 
そういえば、小学校から短歌を作るのは結構好きで、
高校のときは歌集も作った。
スヌーピーを読んでいたのもその頃だ。

不思議とリンクするね。

おやすみなさい。


著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。