スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「潜入ルポ ヤクザの修羅場」>鈴木智彦(文春新書)

潜入ルポ ヤクザの修羅場 (文春新書)潜入ルポ ヤクザの修羅場 (文春新書)
(2011/02/17)
鈴木 智彦

商品詳細を見る



ダウンタウンの浜ちゃんは、ヤクザ雑誌やヤクザ映画が大好きなそうな。
任侠の世界への憧れ。
外国人も「ニッポンのYAKUZA」への関心は高い。

この新書の作者、鈴木智彦氏はヤクザ雑誌の編集長を経て、
現在はライターとして活動している。
編集長をしていた雑誌の名前は「週刊実話」。
ライターとしてはライバル誌「週刊BULL」で執筆しているそうだ。
そのへんの事情も本書では書かれている。

両誌とも未読だが、コンビニではよく見かける。
なんとなく浜ちゃんのようにヤクザ好きの読者が
買っているのだろう、と思っていたが、大きな勘違いだった。
ターゲットとするメイン読者はヤクザたち、本人なのだ。
ヤクザのために、ヤクザを取材し、ヤクザが連載を持つ。
そう、ヤクザの業界誌という位置づけだったのだ。
うーむ、ディープ過ぎる。

そこの編集長だけあってさすがに修羅場を経験してきている。
ヤクザに「殺すぞ」といわれるたびにその回数を記録した
「殺すぞカレンダー」の話などは笑えるが、
実際にやれといわれれば、かなりしんどそうな仕事だ。

何気なく買ってみた本書だったが、
新聞の新書ランキングでは上位に食い込んでいた。
かなり売れているようである。


近づきたくはないが、覗いてみたい――。
そんな読者が多いとしたら、著者の目論見通りだ。


鈴木氏は当初、特別にヤクザに関心があったわけではない。
ただ「他人が実生活では関わりたがらない
世界に詳しくなれば、メシの種になるのではないか」
と踏んで、ヤクザ雑誌畑を歩む決意をした。

その心意気や、よし。
ライターとして活動する目算はすでに
その頃から漠然としてあったのではないだろうか。
 
出版業界を目指す人に読んでもらいたい1冊。
大手勤務ではわからない世界が、
この業界では、いくらでもある。







スポンサーサイト

西村賢太の『苦役列車』はTHE私小説

苦役列車苦役列車
(2011/01/26)
西村 賢太

商品詳細を見る


西村賢太の『苦役列車』を読む。
これはなかなか強烈、痛快な作品だ。
日雇い労働者の悲哀を描いているというよりは、
自身のダメ人間ぶりをさらけ出した作品。
おおお、と読者をたじろがせるTHE私小説だ。

父親が性犯罪を犯したため、
家族ごとドロップアウトしていくという設定も強烈。
自身の血を呪うシーンはずしんとくるが、
そこを陰鬱に描いていないところが良いと思う。

なんで読んでいたら、こんなニュースが。

元ロックバンドギタリストがわいせつ行為
http://www.sanspo.com/shakai/news/110214/sha1102141550012-n1.htm

50歳間近にもなって、と言うべきか、
50歳間近だからこそ、言うべきか。
性犯罪者は同じ男して物悲しいものがある。
 
『苦役列車』は、その息子という設定をフルに生かして、
芥川賞を見事に受賞。
過去に彼と働いたこともある人はさぞ驚いていることだろう。

インタビューで、西村は自身の境遇について、
こう言っている。


「教訓めいたことは嫌ですが、
何があっても悲観するばかりが能じゃなくて、
こういう形にもなるんだな、と
今回身にしみてわかりましたね。」


作家は、最後の職業、とはよく言ったもので。

鉄道の達人たちの会話

ブルータスへの執筆が一段落。
ここからは確定申告モードにならねばならぬ。

執筆の資料として、年末から年始にかけて、
紀行文学や旅行記をむさぼり読んでいた。
すっかりブログも滞ってしまったが、
鉄道の達人たちの会話を紹介しておきたい。
なんだか、すごすぎるのだ。

宮脇俊三は、言わずと知れた
鉄道紀行作家の大御所である。
国鉄全線に乗車した『時刻表2万キロ』で
日本ノンフィクション賞を受賞している。


圧巻なのは昭和58年の『最長片道切符の旅』だ。
これは、北海道・広尾から鹿児島・枕崎まで、
「最も遠回りになるルート」を計算し、
同じ駅を通ることなく「一筆書き切符」で
旅をするというもの。

なぜ、そんなことをする必要があるのか。
それは、そこに鉄道があるから――なのだろう。

(余談だが、登山家・マロリーの
有名な言葉「そこに山があるから」は
誇張された名言である。)

宮脇は、『最長片道切符の旅』に出る前に
種村直樹に相談している。
種村は自身をレイルウェイ・ライターと名乗り、
鉄道の記事を専門に書きまくる著述家だ。

宮脇と種村。
まさに達人と達人の会話が、
以下である。

私は種村直樹さんに訪ねてみようと思った。種村さんは『鉄道旅行術』(昭和五十二年、日本交通公社刊)の著者で一度お会いしたいと思っていた人であった。

「じつは」と言って私は自分の計画を話した。学生ならともかく、いい齢をした男が児戯に類した目的を持っていることに驚いたのか、種村さんは、

「ほう、それはそれは」

と言いながら、椅子ごと体をせり出してきた。私は医者と向かい合った患者のような気持になった。

「新松戸―西船橋間が開通しても最長ルートに変更はないようですが……」

と私は言った。

「いや、変わりますよ」

と種村さんは即座に答えた。そして奥の部屋から一枚の紙片を持ってこられた。
それはやはり光畑さんの計算書であった。新松戸―西船橋間を利用することによって東京近郊区間のルートが全面的に変り、従来より6.5キロ長くなることが見事に証明されていた。


即座に答えた、というところにしびれる。
「私は医者と向かい合った患者のような気持になった」の箇所も
宮脇の種村へのレスペクトを感じて、心地よい。
「やはり光畑さんの計算書であった」というのは
東京鉄道病院の眼科医・光畑茂のことで、
彼もまた最長ルートを計算してすでに発表済であった。
宮脇はそれを「先人の業績」と表現している。

どんな分野であれ、物事を極めた者だけが
見える風景というものがある。
私にもいつかそれが見えるのだろうか。


最長片道切符の旅 (新潮文庫)最長片道切符の旅 (新潮文庫)
(1983/04)
宮脇 俊三

商品詳細を見る



最新 鉄道旅行術 単行本最新 鉄道旅行術 単行本
(1998/06)
種村 直樹

商品詳細を見る



 宮脇俊三さんの『インド鉄道紀行』『シベリア鉄道9400キロ』が滅法面白かったので、他のも読んでみたいと思い、こないだ図書館に行って氏の本を何冊か借りてきました。今は『時刻表2万キロ』を読んでますが、これも面白い!「日本全国鉄道路線乗り潰し」などという、すっげぇぇぇマニアックな内容だけど… 真似しようとは到底思えないくらいのディープな乗り鉄っぷりだけど、でも面白い!列車で旅行したい



著者は普段鉄道旅行記を書いているからこの本は異色である。この本はミステリー小説なのだ。しかも普通のミステリーではない。著者の今までの旅の経験や地理の知識を動員して書かれている。必ずしも人の死ぬところが生々しく書かれているわけでもない。死んだんだかそうでないんだかわからない終わり方もある。著者は後書きで「自然への怖れを短編ミステリーの形で描いてみたいと冒険を試みた。」というように、このミステリーは自...
殺意の風景 宮脇俊三 新潮社


著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。