名言相談室(2)「自由な大学生活に漠然とした不安を感じる」

こんばんは。
飽き性の私でも2回くらいは続けることができるんです。
ということで、名言相談室です。

京都府にお住まいの19歳の女性、
ガツンとみかんさんから、お便りいただきました。
ちょっと季節外れのラジオネームですが、こんなお悩み。


「毎日勉強がしんどかった高校受験が終わって、
4月から大学生になり、1年が経とうとしています。
ベタはありますが、テニスサークルに入って、
コンビニでアルバイトして、
それなりに大学生活を楽しんでいます。

でもなんか、このまま明確な目的もないまま、過ごしていいものなのか。
これだけ時間があるんだから、
もっと大きなことにチャレンジしなければならないのでは、
と思いながらも、どうすればいいか分からないまま、
思い切った行動がとれずにいます。

毎日楽しいといえば楽しいのですが……」



ああ、なるほどですね。
大学で友達ができない、とかではなくて、
そこそこに満たされているだけに、
何かぼんやりとした不安を感じていると。

そういうときに限って、同じく大学デビューした高校の同級生にばったり会うものです。
そして、海外留学を考えてるとか聞かされ、
それなりに満足しているはずの自分の大学生活が
何かつまらないもののように思えてしまう。

モラトリアムならではの悩みですが、
一体、なぜなんでしょうか。

先生、教えてください。



「人はあらゆる自由を許されたとき、
自らの不可解な限定とその不自由さに気づくであろう。
人間は永遠に自由では有り得ない。

なぜなら人間は生きており、又死なねばならず、
そして人間は考えるからだ。」



img_956207_28448691_0.jpg


これは、坂口安吾が終戦後の日本の空気について書いたものです。
制限だらけの戦争が終わって自由になった。
だけど、その自由は意外としれていて、案外に物足りないもの。

そうです、あなたもまた受験という名の戦争が終わり、
念願の自由を手に入れたことで、逆に不自由さを感じている。
なぜならば、自由といっても本当に何でもできるわけではないですからね。
お金だって限界があるし、場所もどこでも行けるわけじゃない。

では、金がいくらでも費やせる立場で、
労働もしなくてよい身分ならば、
本当の自由が手に入るのか。

いや、手に入りません。
人はいつか死ななければならないからです。

では、あなたはどうすればいいのでしょうか。
「不自由な自由」を与えられる前に戻ればいいのでしょうか。
安吾は戦争中を振りかえって、それを否定しています。


「たとえ爆弾の絶えざる恐怖があるにしても、考えることがない限り、人は常に気楽であり、ただ惚れ惚れと見とれておれば良かったのだ。私は一人の馬鹿であった。最も無邪気に戦争と遊び戯れていた。」



自由過ぎることに「不自由さ」を感じるのは、
あなたがそれだけ「考えている」ということでもあります。
だから、そのままでいいんじゃないですか。
今は生ぬるい自由を味わいながら、むしろ、その調子で悩みましょう。

そうしているうちに、たかだか知れている人生の自由を犠牲にして打ち込める、
とまでいかなくても、これをしてもいいかな、というくらいものは出てくるはずです。
堕落のあとの飛躍がきっとあります。


今回は割りとマジメなこと話しました。


安吾先生、ありがとうございました!
ガツンとみかんさん、がんばってくださいね!



【今回の本】

ずーっと堕落しまくればいいんだ、という本ではないのであしからず(笑)


堕落論 (新潮文庫)堕落論 (新潮文庫)
(2000/05/30)
坂口 安吾

商品詳細を見る




スポンサーサイト

名言相談室(1)「いつも恋人未満で終わってしまうのはなぜ?」

はい、お便りありがとうございます。
ふむ、愛知県にお住まいの16歳の男性、
ラジオネーム、りょうたろうさんから、
こんなお悩み。

「女の子とどれだけ仲良くなっても
なかなか恋愛対象としてみてもらえません。
どうすればいいでしょうか」



ああ、なるほどですね。
女の子と話せない、とかではなくて、
話せるがゆえに仲良くなりすぎてしまうと。
そんなことしてるうちに、
そのへんのわけのわからん変形ズボン履いた、
不良に持っていかれると、そういうことですね。

これは、結構よくあることだと思いますが、
一体、なぜなんでしょうか。

先生、教えてください。



「始終接触して親しくなり過ぎた男女の間には、
恋に必要な刺戟の起る清新な感じが
失われてしまうように考えています。

香をかぎ得るのは、香を焚き出した瞬間に限るごとく、
酒を味わうのは、酒を飲み始めた刹那にあるごとく、
恋の衝動にもこういう際どい一点が、
時間の上に存在しているとしか思われないのです。

一度平気でそこを通り抜けたら、
馴れれば馴れるほど、親しみが増すだけで、
恋の神経はだんだん麻痺して来るだけです」



201312161058_2.jpg


当然、仲良くならなければ恋は始まらないわけですが、
仲良くなりすぎても刺激がなくなってしまうため、
早めに勝負をかけて、無理そうならば、
とっとと次にいきましょう、とそういうことですね。


漱石先生、ありがとうございました!
りょうたろうさん、がんばってくださいね!



【今回の本】

すごいカバーだな……。

こころ (集英社文庫)こころ (集英社文庫)
(1991/02/25)
夏目 漱石

商品詳細を見る







著作一覧
プロフィール

真山知幸

Author:真山知幸
真山知幸。執筆業。著書に『大富豪破天荒伝説』(東京書籍)、『君の歳にあの偉人は何を語ったか』(星海社新書)、『天才100の名言』『不安な心をしずめる名言』(PHP研究所)、監修に『恋する文豪』(東京書籍)など。他の筆名含めて著作は計23冊(うち監修2冊)。名古屋外国語大学で現代国際学特殊講義など。
【メール】
mayama.tomoyuki(at)gmail.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR